塾講師に必要なこと


今も昔も塾に通う学生さんは多いです。 学校の授業に追いつくため、高校・大学受験のためと、目的は色々ですが、みな勉強を頑張るために通っているのが塾なのです。 一昔よりも少子化のあおりを受け、塾講師もなかなか苦戦。 ただ教えるだけでは、生徒の集客力も乏しく、人気の講師を作ることで、塾の業界を盛り上げようとしています。 学歴社会が根強くある日本、バブル時期にはより良い大学に行くことがもてはやされ、そのために勉強し、そのために塾に通う風潮でした。


ですので、少々、塾講師の質が悪くても、教えているだけで儲けていましたが今はそういうわけにいはいきません。 人を惹きつけるモノがないとだめな時代です。 そんな今の塾講師に必要なこととはどのようなことなのでしょうか。 それは大きく2つ。勉強のコツの遊びのコツがその人なりにあるかどうかが鍵だといえます。 バイブルのように、この参考書さえあれば、勉強が分かるようになる、受験に合格する、などというものはありません。


それは生徒さん自身で見つけることなのです。 勉強ばかりではいけません、時にスランプが訪れます、その時にうまく対処して、スランプをも楽しめる遊びの力も大事で、そのことが分かっていて教えられること、それが塾講師のバイブルなのです。 下記では、勉強のコツ、遊びのコツについて見ていきます。 どちらもちょうど良い塩梅で兼ね揃えることで、生徒から支持され、会社にも貢献できると考えます。